環境エネルギー促進

電気自動車の急速充電器普及促進への取り組み

当社では、地域の環境エネルギー促進を目指して、電気自動車用急速充電器を取り扱っております。省スペース型の充電器のため、狭いところにも設置の可能性が広がり、設置工事も従来と比較して安価にできます。充電器単体からスタンドのシステムまで、お客様のご要望に合わせてご提案しております。また、設置後もご安心いただけるメンテナンスプランをご用意しております。

補助金の申請書作成も代行いたします

急速充電器の設置は次世代自動車インフラ整備促進事業に該当するため、購入費と工事費は補助を受けることができます。対象となるのは、観光施設や小売店などの公共性を有する施設です。 詳しくは、弊社へのお問い合わせか、一般社団法人次世代自動車振興センターのサイトをご覧ください。

電気自動車の急速充電器普及促進への取り組み

急速充電器とは

自動車用充電機器には、普通充電器と急速充電器の2種類があります。普通充電器は4~8時間ほどかけてフル充電するのに用いるのに対し、急速充電器は、外出先での継ぎ足し・緊急充電に用いられ、およそ30分ほどの短時間で走行に必要な充電(約80%)をするために使用します。

ニチコン急速充電器

取り扱い機種ニチコン急速充電器

小型・軽量の省スペース型
10・20・30・50・70kW用全7機種(すべて補助金対象機種)
利用者認証・課金システム(クレジットカード決済)にも対応可
詳しくは、ニチコン株式会社のサイトをご覧ください

ニチコン株式会社

充電スタンド設置をご検討の皆様へ

未来のために、クルマ1台分の土地活用はじめませんか。

電気自動車は低燃費で環境にやさしい次世代自動車として位置づけられています。国では2020年には新車販売台数の15~20%が電気自動車になることを目指していますが、充電スタンドの普及はまだまだ追いついていないのが現状です。電気自動車ユーザーがもっと増えていくためには、急速充電スタンドの目印である「QV QUICK」の青い看板がもっと増えることが不可欠です。あなたの土地をエコフレンドリーな未来のために活用しませんか。

充電スタンド設置のメリット

PAGE TOP